小顔になる方法を知って実践!美容整形なら確実に小顔になれる

サイトメニュー

小顔に変えてくれる施術

カウンセリング

美容整形の施術がベスト

むくみによる顔太りはマッサージで対処できることが多いですが、脂肪や筋肉・骨格が原因の場合は整形施術を受ける必要があります。小顔になる方法は原因にマッチした方法でなければ逆効果になると考えてよいです。例えば筋肉・骨格に原因がある状態で食事制限や運動をしてもほとんど効果は得られません。顔痩せは脚痩せと同じくらい難易度が高いので、自己流ダイエットで効果を得られないときは美容整形施術を受ける必要があります。エステサロンではむくみ解消・軽度の脂肪太りなどには対応できますが、筋肉・骨格による顔太りは解消できません。エステと美容整形は似て非なるもので前者は美容施設・後者は医療機関になり、手術や注射・脂肪吸引などの施術は医療機関でしか受けられないです。美容整形の小顔矯正を受ける方は対応している施術方法・料金をよく調べておいてください。小顔になる方法はすべて自費診療となり、健康保険は使用できないので全額自己負担です。クリニック側が自由に価格設定をできるので、クリニックによって料金の差は2〜3倍以上も発生することがあります。高いから技術が高いクリニックとは言い切れませんが、高品質の施術を提供するクリニックは相応に高額になります。クリニック選びでは費用対効果を重視すること、医師の技術・経験をチェックすることを徹底してください。治療法は輪郭タイプによって変わってくるので、確実・丁寧なカウンセリングをして症状を見極めてくれる医師を探しましょう。例えばボトックス施術を受けた場合も、クリニックによって仕上がりは大きく変わってきます。ボトックス注入は小顔になる方法の代表格と言えるくらい人気があり、エステ気分で受けられるプチ整形としておすすめです。ボツリヌストキシンをエラ部分に注入することで咬筋の作用を弱体化させ、フェイスラインを整えることができます。極細針を導入しているクリニックで受ければ痛みをほとんど感じませんので、使用する注射針を事前に調べておきましょう。ヒアルロン酸注入は顎の高さを適度に整えることによってフェイスラインを整える小顔になる方法です。顎を引き締めることでシャープな形状に変えてくれるので、結果的に顔が小さく見えるようになります。ウルセラシステムは超音波を使用してメスを使用することなく肌を引き締めてくれます。リフトアップ作用によって小顔作用を得られますし、たるみの解消にも役立つ方法です。エラ骨の切除は張り出した骨を切ることで形状を整えて小顔にする方法ですが、最近はあまり利用されていません。ボトックス注射で筋肉を弱めることで問題ないレベルまで小顔になれるケースが多いからです。ただ筋肉を弱めても目立つほどエラ骨が張っている場合は切除する必要性もあるでしょう。骨格によって顔が大きく見える場合は、理想のフェイスラインに沿って切除していく手術がおすすめです。脂肪で太っている場合は脂肪細胞を減らせる脂肪吸引がおすすめで、顎のたるみを解消するためにも利用されます。通常のダイエットで脂肪燃焼をさせる場合は脂肪細胞を小さくできますが、数が減らすことはできません。これに対して脂肪吸引は確実なる効果があり、顔痩せ効果がずっと継続してくれるのが魅力です。

Copyright© 2018 小顔になる方法を知って実践!美容整形なら確実に小顔になれる All Rights Reserved.